令和元年度北陸信越工学教育協会石川県支部金沢工大部会 学術講演会

 来る12月6日に北陸信越工学教育協会石川県支部金沢工大部会が
主催する学術講演会を開催致します。今回の会では、講演者として
早稲田大学の上杉繁先生をお迎えします。
 皆様のご参加をお待ちしております(参加登録等は不要です)。

期 日:2019年12月6日(金)17:05~18:40
場 所:金沢工業大学 扇が丘キャンパス23号館1階 パフォーミングスタジオ
演 題:人間と技術の「間」をデザインする
 ― 人文学的知見を踏まえた工学デザイン・工学教育の可能性 ―
講 師:上杉 繁 先生
    早稲田大学 理工学術院 教授

講演概要:
 技術の利用により、人間は機能を拡張し多方面に渡る利便性を手に
入れることができる。
 一方、使用者の能力低下や人間疎外などの問題を生み出すこともある。
こうした技術利用のジレンマに対し、社会的に深刻な問題として顕在化
した後に対策を講じることも多いが、想定されうるジレンマを予め考慮
した技術のデザインは可能であろう。そこで、工学デザイン、さらには
工学教育の枠組みを拡げるための、人文学的知見とのかかわり方に
ついて考えてみたい。

【問い合わせ先】
金沢工業大学 工学部 情報工学科 山本知仁
E-mail: tyama@neptune.kanazawa-it.ac.jp
Tel: 076-274-7515

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA